家売る女

日本テレビ北川景子主演の「家売る女」はこのドラマ低迷時期でも少し頑張ってるほうですね。内容もあまり方の力を入れずに観られるし、たとえ一回見逃しても次の会には響かないところがいいですね。

北川景子の「しらすみか、ゴー!」とっ豪儀な雄たけび時は、おばちゃんちの飼い猫が不愛想な態度で飛びかかってくる顔に少し似てます(*_*;

 

それにしてもこういったキャラ設定は日テレさんの十八番でしょうかね?

過去には「家政婦のミタ」や「女王の教室」がありましたが、いずれも好評でした。女は笑わない方が魅力的なのでしょうか?小さい頃から「女は愛嬌」と教えられて育ったおばちゃんには出来ませんが、多分ドラマだから受けるのであって実際にこーんな不愛想でずけずけ物言う人がいたら職場の雰囲気は悪いですよね。

 

しかし、白洲美加役のイモトアヤコ、演技してると思えないほどそのまんまにみえる。あんないい加減な社員いたらうんざりするけどどんなに叱られて泣いても辞めない強さはおばちゃんが欲しいと思う強さだわ(笑)

 

 

広告を非表示にする