昨日の友は今日の敵

おばちゃんは数年前に友人に誘われ個人事業を開設した。

実際はその友人が事業主なのだが

開設の準備は一緒に全てやってきた。

何か月も無償で働いた。

けど、これから新しい事を始められる喜びでわくわくしてた。

開設当初はお互い夢があって同じ目標に向かって一生懸命だったのに

彼女が自分の旦那を職員に加えたあたりから徐々に雲行きが怪しくなり

経営が安定しだすと今度は娘が加わった。

それからまもなく

彼女は独裁者に変わってしまった。

人の話は聞かず職員一人一人の行動に口を出す。

残業はするな。

経費を抑えろ。

売り上げが下がったもんなら夜叉のごとく暴言を吐く

 

口癖は「私は、経営者なの!」

 

それでも昔の彼女を知ってるおばちゃんは

一人、二人と辞めていくなか

いつか気づいてくれると信じて今まで堪えてきた。

 

お金は人を変えるっていうけど

それはない人のいうことやとあんまり信じてなかったんだけど

そろそろ気付けよ自分!って思ってきた。

 

おばちゃんそろそろ闘ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする